RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

コスプレイベントに参加する上での心構え

コスプレイベントに参加したいけど、どんなことをやったら恥をかくの?
やってはいけないの?という事に対して「何故・どうして」をまとめてみました。
一緒に皆で優しくなってイベントを楽しみましょうね♪

※中に、文章の一部分を抜き出して、失礼だと言って来る方がいらっしゃいます。
このサイトの文章は1カテゴリが全てではなく、分類上分けていますが、始めから最後までが、関連がありますので、是非最後まで読んでから、ご意見をお願いいたします。
相手に自分の好みを強要してもいけません
0
     同じジャンルのレイヤーさんを見つけたからといって、ポーズや反応を強要してはいけません。

     そのひとは上記しましたが、写真を撮りに来たのではなく、友達とおしゃべりを楽しむために来たのかも知れません。

     キャラクターになりきって、そのキャラクターの行動で相手を巻き込むのもいけません。

     抱きついたり、命令したり、スカートをめくったり、服を脱がそうとしたり、手を握ったり、胸を触ったり、後をつけまわしたり。
    (上記はメールなどで教えていただいた実際にあった被害です)

     コスプレをしたら、キャラクターになりきってそのキャラクターに沿った行動であれば何をしても良いという訳ではありません。

     それじゃあ、殺し屋のキャラだったら人を殺してもいい事になっちゃうよね。
      
     コスプレイベントの会場は、現実世界の施設で、貴方の前にいるキャラのコスプレをしている人は、現実世界にいる人間で、貴方の中の妄想の世界の人間ではありません。

     貴方に心があるように、相手にも心があります。

     握手をするにしても、普段では、目線や話の流れなどで、合意、握手をする雰囲気を作ってからしますよね?

     いきなり何の脈絡もなく握手をされたら気持ちが悪くありませんか?

     握手ですらそうなのですから、それ以上の行為は絶対に合意がなければ行ってはいけません。

     同じ事を、異性にされたらどうでしょうか?

     特に女性は、自分が許可した相手以外から触れられることに非常に不快感を感じる人が多いと思います。

     そこで 抱きついたり、命令したり、スカートをめくったり、服を脱がそうとしたり、手を握ったり、胸を触ったり、後をつけまわしたりを男性が女性に行ったらどうなるでしょうか?

     痴漢行為ですね。
     女性だからやって良いという訳ではありませんね。

     貴方は自分の好きなキャラクターのコスプレをしている方と、コミュニケーションを取りたいんですよね?

     だったら、相手が不愉快になるような行動は、逆効果です。

     自分のキャラを殺しても、きちんと敬語で挨拶して話しかけたほうが、絶対貴方に好意を持ってくれます。

     だから自分のやりたい事を、押し付けるのではなく、相手を立てて、同意の上で楽しく撮影を行った方が得じゃないでしょうか?
    | 絶対にやってはいけないこと | 03:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    おでかけの服装
    0
       貴方がいつも、ショッピング等に出かけるときの服装でいいんですよ。

       ほとんどのイベントでは、コスプレ衣装のままでの入場は禁止されています。

       つまりその格好で行くと、せっかく行ったのに入れてもらえなかったり、周りの人から白い目で見られてしまいます。


       コスプレの衣装はとても目立ちます。

       貴方は大丈夫かもしれませんが、例えばコスプレ衣装のまま煙草を吸ってポイ捨てした人がいたとします。

       普通の人だと、あの人マナーが悪いとうだけの話ですが、
       コスプレをしていると、「あのコスプレをしている人マナーが悪い」→「コスプレをしている人はマナーが悪い」という事になりかねません。

       これはコスプレに限らず、サッカーなどのユニフォームを着ている人も同じ事をすれば、あのチームのファンはマナーが悪いと同じような目で見られます。

       外国で日本人観光客はマナーが悪いと言われるのと同じことです。

       コスプレだから差別されているのではなく、目立つから、何をしている人か区別が付くから、誰かが悪いことをしたら個人名ではなくコスプレをしている人と一くくりにして非難をされるんですね。

       かといって目立たない格好であれば何をしても良いという訳ではありませんが、コスプレ衣装を着ている間は、コスプレイヤー一人一人が、コスプレという看板を背負って歩いているのだと思ってください。

       見ず知らずの人のせいで自分の好きなことをする場所が減ったり、活動自体を制限されたら嫌でしょう?

       貴方がされて嫌な事はやらない、それが一番大事なんです。
      | イベント準備編 | 02:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      髪の毛について
      0
         衣装はダメだって分かったけど髪の毛はどうしたらいいの?

         人によっては髪の毛が派手だと衣装と同様に目立つので、外ではするなという声があるようですが、実際最近は金髪茶髪は当たり前ですし、御婦人の中には紫とか青とか普通にいらっしゃいます。

         なのであまり神経質になる必要は無いと思いますが、ほぼ全てのイベント会場では、会場で髪を染めることは禁止されています。

        (スプレーなどで施設を汚した場合、弁償もしくは施設の状態を元にもどす義務があります。
         最悪弁償+以後使用禁止ということもありえます)

         染める場合はまず家から染めて、充分に乾かしてから行かれるのがよろしいのではないでしょうか?

         ただ、スプレーなどで一時的に髪を染める場合、品の質などによって、しっかり乾かしたつもりでも、色んな所に染料が移ったりします。

         会場に行くまでの交通機関の背もたれ、寄りかかった壁、ぶつかった人の服。

         当然汚した場合は弁償になってしまいますね。

         手間や、もしもの事を考えると最近はウイッグも安くなっていますから、髪を染めるよりウイッグをご利用されるのが良いのではないでしょうか?

         何故その「ルールが出来たのか」それを考える事が出来なければ、貴方は同じようなミスを何度も犯すことになると思いませんか?
        | イベント準備編 | 02:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        もって行くものについて
        0
           出来るだけ荷物は減らしましょう。

           更衣室の広さは限られています。あまりに大きい荷物だと置き場に困ってしまいます。

           いざという時を考えて、安全ピン、両面テープ、ソーイングセットなどを用意しておくとよいでしょう。

           コスプレイベントに限らず、どこで服が破れたり、ボタンが飛んだり、ファスナーが締まらなくなったりするか分かりません。

           なので応急処置のグッズを持っているとあわてずにすみますよ。

           あと生理用品や頭痛薬、カイロ、タオルなどを用意しておくと、大慌てをせずにすみます。

           いつ体調不良になるか分かりません。
           体調を整える、環境を良くするアイテムは事前に用意しておくと、自分以外の兄弟や、友人などの急な不調にも、助けてあげる事ができますよね。
          | イベント準備編 | 02:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          衣装を作る際の注意
          0
             出来れば衣装の目立たない所に貴重品をしまうことの出来るポケットなどを作っておくとよいでしょう。

             写真を撮ることに夢中で荷物を放置してたら置き引き(置いている荷物を盗まれる事)にあっても文句は言えません。

             ポケットを作る事が出来ない人は、衣装の目立たない所に百円均一などに売ってある小さめの巾着袋などを安全ピンなどでつける、
             写真に写らない部分につるす、


            など工夫してみてはいかがでしょうか?

             スカート類は特に長いロングのスカートでなければ、下はスパッツやショートパンツを用意しておきましょう。

             ちなみにロリータ服などで良く聞くドロワーズはのぞき対策でできた下着だそうですよ。
             いつの時代も……男性は女性の隠された部分が気になるようです。

             今のカメラつき携帯電話はシャッター音を消す事が出来る上、フラッシュもたけます。

            すれ違いざまにスカートの中を盗撮されるということもあります。
            (実際編集者のバイト先で、キュロットスカートの隙間から下着を盗撮された人がいるそうです)

             露出の高い衣装の場合は、必ず肌色のレオタードなどを着けるなどして、素肌が見えないように作りましょう。

            大半のイベントが、露出が高いのは禁止だったりします。

            移動の際はコートなどを着て、撮影のとき脱ぐ、前をあけるという人もいます。

            けれど、胴体の生肌、生足禁止になったのは、盗撮等の増加という理由もありす。

            どんなに、規制を厳しくしようとも、盗撮をする人は、最初から規制を守るつもりがありません。

            だから、各自自衛をしてもらうため、そして、そういう人を呼び込まないために、露出対策をしてくださいと呼びかけられているのだと思います。

            なので、これくらい、と思わずに、これでもか!というくらいの露出対策をする気持ちでいると、あなた自身が嫌な思いをする確立が減ると思います。
            | イベント準備編 | 02:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |