RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

コスプレイベントに参加する上での心構え

コスプレイベントに参加したいけど、どんなことをやったら恥をかくの?
やってはいけないの?という事に対して「何故・どうして」をまとめてみました。
一緒に皆で優しくなってイベントを楽しみましょうね♪

※中に、文章の一部分を抜き出して、失礼だと言って来る方がいらっしゃいます。
このサイトの文章は1カテゴリが全てではなく、分類上分けていますが、始めから最後までが、関連がありますので、是非最後まで読んでから、ご意見をお願いいたします。
<< 小道具を作る際の注意 | main | もって行くものについて >>
衣装を作る際の注意
0
     出来れば衣装の目立たない所に貴重品をしまうことの出来るポケットなどを作っておくとよいでしょう。

     写真を撮ることに夢中で荷物を放置してたら置き引き(置いている荷物を盗まれる事)にあっても文句は言えません。

     ポケットを作る事が出来ない人は、衣装の目立たない所に百円均一などに売ってある小さめの巾着袋などを安全ピンなどでつける、
     写真に写らない部分につるす、


    など工夫してみてはいかがでしょうか?

     スカート類は特に長いロングのスカートでなければ、下はスパッツやショートパンツを用意しておきましょう。

     ちなみにロリータ服などで良く聞くドロワーズはのぞき対策でできた下着だそうですよ。
     いつの時代も……男性は女性の隠された部分が気になるようです。

     今のカメラつき携帯電話はシャッター音を消す事が出来る上、フラッシュもたけます。

    すれ違いざまにスカートの中を盗撮されるということもあります。
    (実際編集者のバイト先で、キュロットスカートの隙間から下着を盗撮された人がいるそうです)

     露出の高い衣装の場合は、必ず肌色のレオタードなどを着けるなどして、素肌が見えないように作りましょう。

    大半のイベントが、露出が高いのは禁止だったりします。

    移動の際はコートなどを着て、撮影のとき脱ぐ、前をあけるという人もいます。

    けれど、胴体の生肌、生足禁止になったのは、盗撮等の増加という理由もありす。

    どんなに、規制を厳しくしようとも、盗撮をする人は、最初から規制を守るつもりがありません。

    だから、各自自衛をしてもらうため、そして、そういう人を呼び込まないために、露出対策をしてくださいと呼びかけられているのだと思います。

    なので、これくらい、と思わずに、これでもか!というくらいの露出対策をする気持ちでいると、あなた自身が嫌な思いをする確立が減ると思います。
    | イベント準備編 | 02:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2013/11/04 10:27 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2015/01/22 9:40 AM |










    http://cos.jisakuha.com/trackback/77740